1. HOME
  2. ブログ
  3. 松本有記の健康ブログ
  4. 今世で出会う“試練”は必要なもの?②

BLOG

ブログ

松本有記の健康ブログ

今世で出会う“試練”は必要なもの?②

前ページ(今世で出会う”試練”は必要なもの?①)へ

 

ようやく自分の世界を作り上げ、診療は以前のような苦しみはなく、患者さんの状態がスムーズに読めるようになり、治すための解決法もそろい、より結果の出る診療ができるようになりました。

様々なことが以前より、ぐーんと楽になったのです。

でも、やはり子どもの時からの心に穴の開いた状態は、母親によって埋められることは、ずっとありませんでした。

テレビを見ていても、周りの人たちを見ていても、あまりに自分の母との違いを思い知らされ、つくづく、愕然とすること然りでした。

…でも…最近ようやく気づきました。

これは、私が乗り越えなくてはならないテーマなのだと。

人にはそれぞれ、本当にいろいろなパターンの“負荷”がかかっています。

中には、バランスの取れた人もいるのでしょうが、見渡すと何かしら超えないといけないテーマを抱えている人が多いものです。

 

私はいつの間にか、視野狭窄に陥っていたかも…?

母(もう90歳を超えていますが)がこの先、変わることはもう望めないでしょう。

私の抱いていた“いつか愛されたい”という思いは、きっと妄想で終わるでしょう。

そういう母を私が選んで生まれてきた、ポイントなのは、ここかなと…。

別に母に愛されなくとも、豊かな心を持って、心穏やかに温かく暮らすことはできるのだと…。

ようやく自分の中で、自分の心が完結できるようになってきました。ようやく傷つかなくなってきたかも…。

ようやく私のインナーチャイルドは癒されたかも…?

 

人には、その人が登るべき山があります。他人と比較するものではなく、いつの間にか埋め込まれた、“母親は子供を愛すものだ”という固定観念の呪縛に囚われていた自分…そこから解放されると、本当の自分の山をまっすぐ登っていけると思います。

 

 

”他人は変えられないが、自分は変えられる”

何かにぶつかった時…それは自分の心を変えて、変容していくことができる、より成長していくためにある障害なのだと、思います。

私の人生は、私が生まれる前に選んでいて、このようなストーリーだったのだなと、最近妙に納得しています。

そして何故か、心がウキウキして楽しいのです。

ようやく解放されたのかも…?

自分の心の中にある、ギザギザしたものや、穴の開いたような虚しさ、空虚感…各々が持つ心の問題は、究極、自分でしか解決できないのかもしれませんね。

 

”幸せの青い鳥”を求めて外を探しても、見つからないかも…。

なぜなら、答えは自分の心の中にあるのですから…。

 


著者紹介

松本有記(まつもと ゆき)
松本 有記
(まつもと ゆき)

松本有記クリニック院長
自身が何十年にわたる体調不良に悩まされ、健康を追及していくなかで、東洋医学と出会い、オリジナルのオーダーメイド漢方薬、サプリメント、メディカルストレッチなど、全て自身が効果を実際に体感し、結果を出すことをモットーに、独自の治療スタイルを確立。生活習慣から姿勢指導、心のもち方まで幅広い角度からの診療を行っている。京都薬科大学卒業、神戸大学医学部卒業、兵庫医科大学病院(皮膚科/内科)、県立尼崎病院東洋医学科(非常勤)、尼崎永仁会病院漢方専門外来、松本有記クリニック院長
Facebook Twitter

関連記事