1. HOME
  2. ブログ
  3. 松本有記の健康ブログ
  4. ずっと健康を求めた人生 ③

BLOG

ブログ

松本有記の健康ブログ

ずっと健康を求めた人生 ③

あらゆる薬による治療を試したものの、結局、自分の体調すら治せないまま、半ば諦めかけていたとき、運命的な出会いが訪れたのでした。

 

それが、台湾の老中医(=ベテランの中医学の医師)がつくってくれた煎じ薬でした。

とある企画で、知人たちと台湾を訪れた私は、現地のベテラン中医師の先生に診察してもらい、漢方薬の煎じ薬(※生薬を煮詰めて飲む、元来の漢方薬)を処方してもらうことになりました。

その先生は、私の顔色や舌や脈などを診て、私個人の体質・体調に合わせて、ひとつひとつ必要な生薬の種類と量を選び、オリジナルの煎じ薬を処方してくれたのです。

 

ブレンドしてもらった生薬は、当時の値段で12000円(!)もしました。けれども、それまで日本では見たこともないくらい、立派で美しい、高品質の生薬でした。(ボリュームもたっぷりで、1日分を半分ずつにして煎じることにしたくらいです。)

 

そして、処方された煎じ薬を飲んでみると…

これが、それまでの私の人生の中で初めて、とてもよく効いたのです!

 

目から鱗が落ちました。

その人の体質に合わせてつくる漢方薬というのが、こんなに効くなんて…。

「こんな世界があったのか…!」と感激しました。

 

そのときの私は知りませんでしたが、本来は、そうして11人の体に合わせたオーダーメイドの処方を組み立てることこそが、中医学の“漢方処方”というものだったのです。

 

これだ!ついに、体を改善してくれるものに出会った!と、

それからは、私自身、医師として、漢方薬の本格的な処方の世界に、のめり込んでいきました。


著者紹介

松本有記(まつもと ゆき)
松本 有記
(まつもと ゆき)

松本有記クリニック院長
自身が何十年にわたる体調不良に悩まされ、健康を追及していくなかで、東洋医学と出会い、オリジナルのオーダーメイド漢方薬、サプリメント、メディカルストレッチなど、全て自身が効果を実際に体感し、結果を出すことをモットーに、独自の治療スタイルを確立。生活習慣から姿勢指導、心のもち方まで幅広い角度からの診療を行っている。京都薬科大学卒業、神戸大学医学部卒業、兵庫医科大学病院(皮膚科/内科)、県立尼崎病院東洋医学科(非常勤)、尼崎永仁会病院漢方専門外来、松本有記クリニック院長

関連記事