1. HOME
  2. ブログ
  3. 松本有記の健康ブログ
  4. スッキリした自分でいるためには肉体の浄化が必要~水の大切さ~

BLOG

ブログ

松本有記の健康ブログ

スッキリした自分でいるためには肉体の浄化が必要~水の大切さ~

常日頃思うのですが、私たちの『魂』は本来自由で、自在性があるものなのに、こんなに限られた私たちの『肉体』に属するのは、窮屈で不便で、結構めんどくさいことなのです。

でも、こうして生きている以上、肉体をパーツで取り換えることも、肉体を脱ぎ去って自由になることもできません。

 

私たちの肉体を形作っている70兆個もの細胞に、絶えず酸素と栄養を送り届け、二酸化炭素と老廃物を取り去る作業というのを、私たちは絶え間なくやっています。

もっと言えば、空気を吸い、食べ物を食べ、水分を取り、排泄し、体を動かして、筋肉を委縮させないよう使って…といったあらゆることを繰り返しています。

 

そのなかで、日々どうしても大気汚染や食べ物から入ってくるさまざまな『毒』

私たちの体は必死に、体をきれいに保とうとして、尿や便などで捨てようとしますが、口から許容量以上のものをとっていくと、だんだん毒素がたまっていきます。(保存料、人工の添加物、農薬や医薬品や…etc.)

そうして、『魂』の入れ物である『肉体』が汚染されやすくなっています。

私たちの細胞はすべて、波動などの影響を受けています。有害な波動などで汚染されると、本来の正しい細胞の振動から、ゆがんだ波動に変わっていってしまいます。

気づかないうちに、考え方や感じ方もその影響を受けて、歪みやひずみが入ってきます。

 

自由なピカピカの魂を維持するためには、体もできるだけ浄化をしていくことが大切です。

そのためには、口から毒をなるだけ入れない=すなわち良い食材をとる、そして食べすぎないこと、特に甘いもののとり過ぎはとてもよくありません。

私は本当に欲しいと思わないときは、周りにあるからといって、甘いものなどはいただかないことをモットーにしています。(体が本当に欲している時は食べます)

すなわち、いやしく食べないことが大切です。

口をきれいにすると、消化系がきれいにまわり、そうすると血管(毛細血管)もきれいに保たれて、細胞の環境はいい状態にキープできるのです。

 

また、私たちの体を構成している『水』はとても大切。

体の60から70パーセントを占める“水”は、私たちの生命線です。

良質の水をとることはとても大切で、浄化につながります。

最近、私は”よい水”に出会いました。

いま必死でまた自分でも摂ってみています。

まだ飲みはじめて期間が浅いので、どれくらいの効果が期待できるかというのはありますが、今のところ、じゅうぶん満足しています。体のすみずみまで届けられ、細胞がちょっとでも元気になっている気がします。

(良質の水の条件は、まずクラスタ―値が小さいこと。それは溶媒として優れているということなので、組織への浸透力がアップします)

飲み始めた当初から尿の出がとてもよく、これも浄化につながっていると実感できます。

 

これからの時代、水の不思議さについてどんどんわかってくるといわれています。

よい水をとること、これはまさに体の浄化そのものだと思うのです。

世の中は令和になり、大きな変化を迎えています。

どんな時代が来ようとも、自分自身がしっかりと自分軸をもち、他人の目や評価を気にせず、本当の自分の声に従って生きていく、一人ひとりがそうなることで、世の中全体がいい方向へと舵を切っていけると思います。

すっきりした自分でいるためには、すっきりした体にすることが必要です。

魂の入れ物である肉体を浄化することで、きっと相乗効果が得られると思います。


著者紹介

松本有記(まつもと ゆき)
松本 有記
(まつもと ゆき)

松本有記クリニック院長
自身が何十年にわたる体調不良に悩まされ、健康を追及していくなかで、東洋医学と出会い、オリジナルのオーダーメイド漢方薬、サプリメント、メディカルストレッチなど、全て自身が効果を実際に体感し、結果を出すことをモットーに、独自の治療スタイルを確立。生活習慣から姿勢指導、心のもち方まで幅広い角度からの診療を行っている。京都薬科大学卒業、神戸大学医学部卒業、兵庫医科大学病院(皮膚科/内科)、県立尼崎病院東洋医学科(非常勤)、尼崎永仁会病院漢方専門外来、松本有記クリニック院長
 

関連記事