1. HOME
  2. ブログ
  3. 松本有記の健康ブログ
  4. ずっと健康を求めた人生 ②

BLOG

ブログ

松本有記の健康ブログ

ずっと健康を求めた人生 ②

正直、寝ているのが一番幸せ、朝は起きたくない、何かあったらすぐ休憩したい、横になりたい、といつも思っていました。

まわりの人たちが、毎日の外出や用事を軽快にこなしているのを、とても信じられないという思いで眺めていました。

 

実家が薬局だったもので、薬学部へ行きましたが、その間もずっと体調はわるいまま…。

そんなあるとき、フッとしたひらめきがおりてきて、医学部へ行く、ということになりました。

「えっ私が医学部…??」と自分でも何が何だかわかりませんでしたが、何か不思議な力に押されるようにして、医学部に行こう、と思ったのでした。

 

そして、1年間勉強しなおして、医学部へ入りました。

医師になって、私がまず最初にやりたかったのは、“自分を治す”こと。

はじめは自分自身で、「自分のような症状に効くとされる西洋医学の薬」を片っ端から試しました。

「これで治せる…!」と意気込んで、次から次へと薬を試しました。

 

ところが、実際には、まったく改善はみられませんでした。

それどころか、副作用が出だして…愕然としました。

私が医学部で学んできたことはいったい何だったのだろう、何も治せていないじゃないか、と…。

 

そこで、西洋医学の薬に失望した私が次に手を伸ばしたのは、漢方薬でした。

現在、日本で漢方と言えば、一般的なのはエキス漢方(顆粒状になった、既製品の漢方薬)です。

メーカーからあらゆる種類のエキス漢方を持ってきてもらい、今度こそはよくなるはずと思って、色々な角度から、片っ端から試していきました。

 

すると、はじめは少し、調子がよくなるものもありました。けれど、それも長続きはせず、結局すぐにそのうち効かなくなってしまったのです。

さらに、種類によっては、続けて飲むと、胃の調子がわるくなることもありました。

 

「いったいどうすれば体が楽になるのだろう…?」

「神様はこんなにたくさんの病気をつくったけれど、治す薬は忘れてしまったのだろうか…?」

もう、自分が健康になるなんて、諦めるしかないのだろうか…と思った時期もありました。

 

ずっと健康を求めた人生①←    →ずっと健康を求めた人生③へ


著者紹介

松本有記(まつもと ゆき)
松本 有記
(まつもと ゆき)

松本有記クリニック院長
自身が何十年にわたる体調不良に悩まされ、健康を追及していくなかで、東洋医学と出会い、オリジナルのオーダーメイド漢方薬、サプリメント、メディカルストレッチなど、全て自身が効果を実際に体感し、結果を出すことをモットーに、独自の治療スタイルを確立。生活習慣から姿勢指導、心のもち方まで幅広い角度からの診療を行っている。京都薬科大学卒業、神戸大学医学部卒業、兵庫医科大学病院(皮膚科/内科)、県立尼崎病院東洋医学科(非常勤)、尼崎永仁会病院漢方専門外来、松本有記クリニック院長

関連記事