1. HOME
  2. ブログ
  3. 松本有記の健康ブログ
  4. スタッフより
  5. 梱包資材の再利用

BLOG

ブログ

スタッフより

梱包資材の再利用

こんにちは。スタッフの牧です。

関西ではすでに梅雨入りしたようで、何となくムシっとした時期になって参りました。

確か一昨年ほど前の、セイレーンのマークでお馴染みの大手コーヒーチェーンの紙製ストローのニュースだったでしょうか。あの頃くらいを皮切りにジワジワと環境に優しいとかエコ系統のことがメディアに取り上げられる機会が増え始めた様な気がします。逆にそう謳うことで企業イメージをよくしたいのだろうか…みたいな本来の意図から外れていそうなものも中には見受けられますが…。昨年の夏にはレジ袋が有料化され、SDGsだったりサスティナブルという言葉も突如として登場し始めました。最初は謎の横文字がまた到来したかと思っていましたが、今ではようやく慣れました。マイクロプラスチック問題も今に始まった訳でもないのですが、急に耳にすることが増えました。結局は5つの輪っかのマークのイベントがあるから、その為?とついついうがった見方をしてしまいます。(注:あくまでも個人の意見です)

ただ果たしてこのストローでもそうですし、ペラペラのレジ袋を減らしたところで、私たちの身の回りには依然としてプラスチック製品があふれていますし、常にお世話にもなっています。

マイクロプラスチック問題も、果てはそうなってしまうであろう製品を私含めて多くの人は日々使いまくっている訳です。もちろんそこを意識している方たちはそういったものにならない・入っていない地球に優しいものを使っていらっしゃるのかも知れませんが、今の私たちの生活から完全にプラ断ちすることって非常に難しいのではないでしょうか。あまり直接的には接点がないですが、まわりまわって間接的にお世話になっているであろう工業製品等にも目を向けると、レジ袋なんてはるかに凌駕する量のプラスチック関連のものを実は使っているのでは…とも感じてしまいます。

ブツブツ独り言をつぶやいておりますが、“ああでもない、こうでもない”と多くの人の意識が向いたり、話題にあがるという点に関しては良いことかなと思っています。

また、今ほどエコバッグ、マイバッグと言われるよりはるか昔から、当院にずっとお越しくださっている患者さん方の中には

“もったいないので手提げ袋は要りませんよ~”

“薬袋等、持ってきたのでこれに入れて下さい”

とおっしゃって下さる方が一定数いらっしゃるので、こちらの場を借りて、御礼申し上げます。(注:強制ではありません!😊)


 

さて長くなりましたが、今回は当院でも小規模ながらもリサイクルを行っておりますので少しご紹介を。

まず限りある資源をかんがみ、当院では発送時にダンボール、封筒等の再利用を行っております。

以前のブログ(と言ってももう一昨年…)でも一度ふれましたが、ようやく↓このようなものを自作しまして、封筒や段ボールにお時間がある場合等、“極力”貼っております。
お荷物の数が多く発送時にたてこんでいる場合、小ぶりな箱で送付状を貼るだけでこちらを貼るスペースがない場合等々、全てにはどうしても貼れないのですが、そのような場合はどうかご愛嬌ということで、生暖かい目で見ていただけましたら幸いです。

実は自宅に転がっていたゴム板と、いつかは忘れた図画工作時代に使っていた古い彫刻刀セットを引っ張り出し、練習もせずに彫り始めました。が、画数の多い漢字は…難易度が高いことに気付き出します。本当はゴム印の様に捺印した時に文字が黒くなるようにしたかったのですが、私には大変難しくすぐに断念しました。


(勤務中だとなかなか作れませんので、夜な夜な自宅で作っていました)

更に彫刻刀セットに入っている角刀では漢字がうまく彫れず、兵庫県内では刃物で有名な三木市(*)にある刃物屋さんに細かい文字も彫れる角刀を注文してみました。(*)ローカルな話題で恐縮ですが、関西圏では恐らく刃物は大阪だと堺、兵庫だと三木が有名な様です。

こちらのブログをご覧になられている方の中で、消しゴムはんこ等のプロないしセミプロの方、実は版画専攻でした…みたいな方がどちらかに潜んでいらっしゃるのではないかと思うと本当に恥ずかしいのですが…。

梱包資材の再利用につきましては、(恐らく長年のお付き合いだし大丈夫かな…)といった方などに活用させていただいております。お荷物お受け取りの際に明らかに改造した段ボールで来た…という時がそれです(^^;)

よく見かけるのは、恐らくタックシール等に印刷された綺麗な再利用してますのシールかと思いますが、印刷済のコピー用紙の余白に上記のスタンプを押印してお荷物にのり等で貼らせていただいております。(というエコ魔人のようなスタッフのアイディアからです)

限りある資源を僅かにでも有効活用して、無駄に捨てられるものを極力減らせたら良いなぁと言うスタンスでおりますので、どうかご理解ご協力いただきましたら、大変嬉しいです。

関連記事