変化の時代の中で生きていく為に

雪をかぶった草と花

令和2年、いよいよ新しい時代のスタートです。西洋占星術的には、2160年の時を経て魚座の時代から水瓶座の時代に2017年から入り、ようやく物性の時代から霊性の時代になったとも言えるでしょう。 時代の変化はどの時代もあったことでしょうが、特に最近世の動きが加速しているのはこの水瓶座が持つ「風の性質」によるものとも言えます。

様々な変化に直面する私たち

これからはAIがますます暮らしに取り入れられ、否が応でもライフスタイルはどんどん変化します。

それに加えて、日本はいまだかつて経験したことのない超高齢化社会を迎え、今まで日本の生活を「支えてきた人々」が今度は彼らの生活を「支えてもらう側」に大量に移行しています。 出生数は90万人を割り(昔の1/2~1/3位に減っています)、この逆転のアンバランスをこれから私たちは何十年か堪えて乗り越えていかねばなりません。

政府が定年の雇用延長を言い出したのも、2040年には年金、医療、介護の社会保障給付費が約190兆円にのぼり、現状から70兆円も増えるという見通しだからでしょう。 それでなくとも財政赤字は莫大な金額なのにそんなに増えると財政破綻をきたしてしまいます。

さらには深刻な人手不足… 今後私たちが、本当に介護が必要になった時、はたしてどれだけ満足のいく介護が受けられるかは疑問です。普通に考えても難しいでしょう。 当然、介護も言葉の違う国の人達のお世話にならざるを得なくなるでしょう。文化が違うと私たちの常識が通用しないことが多々あり、自分がしっかりしていることが必須となります。

クリアな頭で生きていく

歳をとっても凛として生きていく為には、私は「頭がクリアであること」が必要条件だと思っています。

歳をとって子供のように素直にかわいいお年寄りになっていく…でも同時にポイントをおさえておくだけの頭のクリアさを維持しておく必要があります。 その為には“今”から準備を怠らず、日々頭を使い(使わなければ退化するという原則があります)、食事に気を付けて適度に身体を動かし、良質な睡眠を取るなどの健康管理が必要になります。

脳のイラスト

新年を迎え、今一度ご自身の健康に向き合って考えてみてはいかがでしょうか。

次回は頭をクリアに保つための秘訣についてお話したいと思います。


著者紹介

松本有記(まつもと ゆき)
松本 有記
(まつもと ゆき)

松本有記クリニック院長
自身が何十年にわたる体調不良に悩まされ、健康を追及していくなかで、東洋医学と出会い、オリジナルのオーダーメイド漢方薬、サプリメント、メディカルストレッチなど、全て自身が効果を実際に体感し、結果を出すことをモットーに、独自の治療スタイルを確立。生活習慣から姿勢指導、心のもち方まで幅広い角度からの診療を行っている。京都薬科大学卒業、神戸大学医学部卒業、兵庫医科大学病院(皮膚科/内科)、県立尼崎病院東洋医学科(非常勤)、尼崎永仁会病院漢方専門外来、松本有記クリニック院長
Facebook Twitter

お問い合わせについて

webフォームより
24時間受け付けております。
お悩みやご相談、ご質問は
気軽にお問い合わせくださいませ。

※ご返事に1週間程
お時間をいただく場合がございます。
あらかじめご了承くださいませ。