1. HOME
  2. ブログ
  3. 松本有記の健康ブログ
  4. 今世で出会う“試練”は必要なもの?①

BLOG

ブログ

松本有記の健康ブログ

今世で出会う“試練”は必要なもの?①

人は、得てして他人がよく見えるもの。

自分に持っていないものを、持っている人をうらやましいと思うもの…です。

私もそうでした。

小さいころ、周りの子どもたちが羨ましくて仕方ありませんでした。

どの子も母親の愛に包まれ、大切にされている…。

ご飯を作ってくれるのは当たり前、学校から帰るとおやつの時間が待っている…。

私はよく、「どうして自分の家と他の家はこんなに違うのだろう」と不思議に思ったものでした。

 

今の時代は、昔よりずいぶん子どもをほったらかしにする母親が増えているようです。

手作りのおやつはもとより、ご飯もちゃんと料理しない親が増えているとか…。

 

でも、私の時代は『お母さん』というのはとても慈愛に満ちて、子どもを包み込むように可愛がる、というイメージがありました。

少女漫画のテーマはそういうものが多かったのも事実です。

けれど、自分の家はあまりにも違う…私の出した結論は、どうも『これは本当の親ではない』というものでした。

きっと本当のお母さんはどこかにいて、いつの日から迎えに来てくれる、いつか本当のお母さんが現れる…と本当に夢に見ていました。

(もちろん、まぎれもなく母は本当の母親ではあったんですが…)

 

そして大人になり、押し寄せるように運命がやってきました。

あれよあれよと、医師の道を選び(ある日突然医学部に行こうと、啓示のようにひらめきました)、ずーっとコンプレックスだらけの私が医師になって、西洋医学に失望し、独自に漢方診療をやり出して、患者さん方に頼ってこられた時の“充足感”。

とても嬉しく、「何とか目の前の人を一人でも元気にしてあげたい」と必死で診療に励み続けました。

医師としての私は、患者さん方に頼ってこられることで、ようやくそれまで蓄積してきたコンプレックスから解放され、仕事をすることで自分が救われていきました。

導かれるように自費診療のクリニックをスタートし、診察のたびに「もし、自分がこの人のために処方した薬が効かなかったらどうしよう」と、身につまされる思いの日々を経験しながら、”目の前の人を治せないなら、それは自分の腕が悪いからだ”と常に必死でした。

やがて、ある健康補助食品と出会い、それを使った方が、漢方だけで治療するよりもっと皆が良くなる、ということを、何年間も使い続けた結果確信し、健康補助食品・サプリの開発をするようになり、やがて、そうしたサプリメントによる治療が、漢方治療と両輪を成すようになりました。

 

今世で出会う“試練”は必要なもの?②へ


著者紹介

松本有記(まつもと ゆき)
松本 有記
(まつもと ゆき)

松本有記クリニック院長
自身が何十年にわたる体調不良に悩まされ、健康を追及していくなかで、東洋医学と出会い、オリジナルのオーダーメイド漢方薬、サプリメント、メディカルストレッチなど、全て自身が効果を実際に体感し、結果を出すことをモットーに、独自の治療スタイルを確立。生活習慣から姿勢指導、心のもち方まで幅広い角度からの診療を行っている。京都薬科大学卒業、神戸大学医学部卒業、兵庫医科大学病院(皮膚科/内科)、県立尼崎病院東洋医学科(非常勤)、尼崎永仁会病院漢方専門外来、松本有記クリニック院長
Facebook Twitter

関連記事