『砂糖』『糖質』について考える~甘い誘惑に負けないで~①

昔、砂糖は日本では貴重品で、薬として扱われていました。

ときには、病人のお見舞いに持っていったりしていたのです。

 

砂糖のなかでも、砂糖本来のミネラル、ビタミンを多く含んでいるのは、黒砂糖、キビ砂糖、てん菜糖などです。

ただ最近は、加工黒糖(本来の製法とは異なり、水あめを添加し調整)や、安価な輸入品に糖蜜を混入したものもあるので要注意です。

 

最も精製されているものはグラニュー糖で、ショ糖の純度が高く、99.9%以上あります。(すなわちミネラルはほとんどゼロ…)

 

あるデータでは、砂糖の消費量が一番多いのはブラジルで172g/日、アメリカは89 g/日、日本は45 g/日、中国31 g/日となっています。

 

砂糖は、煙草やアルコールなどと同じく依存性があるともいわれ、だんだん摂取量が増えていきやすいので、気をつけないといけません。

昨今のスイーツブームをみても、しだいに量が増えてしまいがち…というのは、うなずけますね。

日本人は欧米人と違って、耐糖能(甘いものをとった時などに、血糖値を正常まで下げる能力)が弱く、欧米人と同じように砂糖をとっていると、2倍くらい(と、昔学生の時に聞きましたが…)糖尿病になりやすいと言われています。

このままのペースで砂糖をとり続けていると、将来、糖尿病が増えるのでは…と案じられます。

※糖尿病は血管がやられる病気です。最も大切な血管がじわじわと壊れていきます

 

ただ、ここで言っているのは『砂糖』の話であって、近頃いわれる“糖質制限”の“糖質”とは根本的に異なります

※“糖質制限”では、お米やパンなど穀類も“糖質”としますが、そうした穀類などのことではなく、ここでは砂糖・スイーツのことを指しています。

 

東京大学の実験では、ヒトの胃に“糖”が入ると胃の動きが止まることが、実証されました。

被験者に砂糖水を飲ませると、約10秒間、胃腸の動きが完全に静止。

塩水を飲ませると、逆に動きが活性化したそうです。(角砂糖の1415くらいの量で起こるそうです)

糖をとらせて細胞の動きが緩慢になる反応を、東京大学では“糖反射”と名付けていますが、このメカニズムはまだ解明されていません。

 

次ページ 『砂糖』『糖質』について考える~甘い誘惑に負けないで~② へ


著者紹介

松本有記(まつもと ゆき)
松本 有記
(まつもと ゆき)

松本有記クリニック院長
自身が何十年にわたる体調不良に悩まされ、健康を追及していくなかで、東洋医学と出会い、オリジナルのオーダーメイド漢方薬、サプリメント、メディカルストレッチなど、全て自身が効果を実際に体感し、結果を出すことをモットーに、独自の治療スタイルを確立。生活習慣から姿勢指導、心のもち方まで幅広い角度からの診療を行っている。京都薬科大学卒業、神戸大学医学部卒業、兵庫医科大学病院(皮膚科/内科)、県立尼崎病院東洋医学科(非常勤)、尼崎永仁会病院漢方専門外来、松本有記クリニック院長
Facebook Twitter

お問い合わせについて

webフォームより
24時間受け付けております。
お悩みやご相談、ご質問などは
気軽にお問い合わせくださいませ。

※ご返事に1週間程
お時間をいただく場合がございます。
あらかじめご了承くださいませ。